Rossardor ロッサドール ひたちなかフットボール・フットサルクラブ

 サッカー関連リンク   <JFA>日本サッカー協会  <IFA>茨城県サッカー協会   ひたちなか市サッカー協会  

当クラブでは、キッズの年代にボールに触れ追いかけることで「サッカーが大好き」になり、ジュニアの年代では個人技術を習得し基礎技術を身に付けることで「サッカーが楽しみ」になり、ジュニアユースにおいてはグループやチームでサッカーの様々な問題を解決したり課題を達成することで「大人のサッカーを知る」ことを目的にしています。
 また、子どもだけではなく大人を含めてひとりでも多くの方々がサッカーの楽しさを感じ、仲間とのふれあいを通じて喜びや楽しさを味わえるようになれば、子どもたちの健全な育成に役立つものと信じて活動をしています。
 当クラブでは、「プレーヤーズファーストの精神」を大切にしています。サッカーとは本来「遊び」であり、できる・できないではなく自分で考えて仲間とボールを追いかけて自分自身で考えてプレーをします。そのなかで子どもたちは成功と失敗を繰り返し成長していきます。そのような子どもたちの創造性をしっかりとサポートしていきたいと考えます。

Rossardor(ロッサドール)とは、茨城県の花である『バラ(Rose)』と何事にも『情熱(ardor)』を持って取り組んでいこうという言葉を組み合わせた造語です。
当クラブではサッカーやフットサルにおいてだけでなく、何事にも『情熱』をもって取り組む姿勢を大切にし、また個の成長や自立に向けて『 自由 ・ 責任 ・ 平等 』を基本理念とし、サッカーやフットサルを通して様々なことを学んでもらえたらと思い、クラブの設立に至りました。

≪クラブコース≫
【ジュニア U−12】
(90分 週3回、120分 週1回)
対象;U−11、12(小5、6)
練習日;火・水・金・土
【ジュニア U−10】
(90分 週3回、120分 週1回)
対象;U−9、10(小3、4)
練習日;火・水・金・土

⇒将来の日本代表選手を目指して、ハードワークのできるクリエイティブでたくましい選手を育成していきます。当クラブでの経験と同時に、個性豊かな自立した人づくりを目標としています。目先の勝利にとらわれず、自立期において人としていかに大きく成長するかを大切に指導していきます。本格的にサッカーに取り組んでいく環境は未来のプロサッカー選手を目指している子どもたちに適しています。


【ジュニアユース U−15】
(90分 週4回 、120分 週1回)
対象;U−13〜U−15(中1〜中3)
練習日;火・水・木・金・土

⇒ 中学生を対象としたクラスです。 長期的視野に立った一貫指導の場として(当クラブのトップチームである)個々の能力を最大限に引き出し、次のステージで活躍できる選手を育てます。同時に、フェアプレー、リスペクトの精神、感謝の気持ちを忘れずにクリエイティブな選手の育成、自立心を養うことを目標としています。


≪アカデミーコース≫
【テクニカルクラス】
対象;U−11、12(小5、6)
練習日;月・火・木・金 各90分

⇒習得した技術に磨きをかけ、スキルアップを目指します。また、プレーの原則を覚え実践していく環境のもと、個性を大切にした「個人戦術の習得」を目標をしています。「動きながらの技術」を身に付けることで「試合に役に立つ状況に応じたプレー」ができるようになります。


【ベーシッククラス】
対象;U−9、10(小3、4)
練習日;月・火・木・金 各90分

⇒ボール感覚を養い、「基本技術の習得」を目指していきます。さらに、活動していく中で、自己管理、集団生活のルール等、サッカー以外の場面においても指導していきます。


≪ジュニアU−8/キッズU−6コース≫

サッカーの本質「ボールを奪い、ゴールをする」ことを目標に、サッカーをする楽しみを知ってもらう。

【ジュニアU−8クラス】
対象;U−7、8 (小1、2)
練習日;月・火・木・土(左記から最大3日選択することができる)

⇒コミュニケーション能力の向上やボールを扱ったトレーニングを中心とした基本的な身のこなしを習得していきます。「友達をつくる」「ルールを守る」「自分がされてイヤなことはしない」等、サッカー選手としての前に、人としてのマナーを学んでいく場でもあります。


【キッズクラス】
対象;U−5、6 (幼児5、6歳)
練習日;月・火・木・土 (左記から最大3日選択することができる)

サッカー、スポーツとの出会いがあり、集団行動を少しずつ学んでいく年代です。鬼ごっこやボール遊びを通して運動神経を刺激し発達させます。そして、サッカーに対する好奇心を育て、身のこなしやボール扱いを習得していきます。







『ロッサドールひだちなかFFCはレジスタが運営しています』

(C)Copyright 2013 REGISTA All right researved